埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)
  • HOME
  • >
  • 奥富宏幸のブログ

Pagetop

週末に、日ごろお世話になっているmomo’s整体サロンの5周年パーティーに参加してきました。

お子さんもたくさん来ていて、100人近く来ていたんじゃないかと思います。

一個人の整体院でここまでお客さんに愛されているお店って、本当にすごいっ!と思いますし、
私も形は違えど、誰かの役に立って、感謝の気持ちを示す場を持てたらどんなに幸せだろうなと思いました。

 

「お客がお店をつくる」ということがあります。

 

お客さんがお店のことを好きになり、ファンになり、
いっしょに育てていきたい気持ちになる、というプラスのスパイラルの流れです。

 

「どうしたらそういう魅力的なお店になれるのか?」

 

それを考えるには、こんなことを考えてみて下さい。

 

「みなさんは、どんな基準でお店を選びますか?」

 

立地?

価格?

お店の雰囲気?

 

もちろんこれらも大事ですが、やはり私が一番気にしているのは、

スタッフ(整体で言えば先生)の人柄と技術とコミュニケーションです。

 

私が行く整体の先生は、技術の高さはもちろんのこと、
会話のキャッチボールも心地良いので気に入っています。

 

くだらない話から深い話まで、話題が広い方です。

何より、肩に力が入っていないほんわかした雰囲気を
醸し出しているので、それが整体の技術のほうにも
活きているのではないかと、勝手に思っています。

 

どんな人と出会い、どんな経験を積み重ねてきたかが、
その人の言葉にも滲み出てきます。

 

その先生は今までに間に延べ50,000人以上の施術を
行っているそうです。50,000人ですよ!

 

その先生は先日、こんなことを話していました。

 

「基本的な整体以外にも何か新しいことを始めようと思っています。

でも、ベーシックな手技は10年経っても、”これだ!”と

いうものには行きついていません。

 

誰にでもできそうな基本的な技術で圧倒的な差を
つけられるようになりたい。

 

という言葉がとても印象的でした。

 

基本を極めること、大事だなぁ。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:09 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく、

 

「違い」がたくさんあることが、

 

組織を強くし、社会を豊かにし、

 

他人の目ではなく自分のことを「見る」ことにつながる、

 

と分かってきたように思います。

 

 

どんな会社にいるとか、

どんな仕事をしているかとか、

どんな服装をしているかとか、

 

そういうことよりも、その人の「個性」、
つまりどんな「違い」を出しているのかに
目を向けられるようになってきました。

 

「違い」を排除するのではなく、

「違い」を同質化するのではなく、

「違い」を認め、

「違い」を楽しみ、

「違い」を活かす。

 

例えば、トマトが全部同じ形、色だったらどうだろう?

例えば、サッカー日本代表の選手がみんな同じ特徴だったらどうだろう?

 

今日はどこまで辿りつきましたか?
季節の変わり目のせいか、やや体調不良です。みなさんも気を付けましょうね。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 17:07 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

12月で今持っているパスポートの有効期限が切れてしまうので、
余裕を持って早めに更新の手続きに行っていました。

 

10年間使ったわけですが、パスポートを見返してみると、
入国と出国のスタンプがほぼ全ページ埋まっていました。

 

30代前半からの10年間で、

 

ドイツ、
ポーランド、
アメリカ、
オーストラリア、
タイ、
台湾、
インドネシア、
カンボジア、
ベトナム、
フィリピン、
シンガポール、
韓国、

 

などいろんな国へ行きました。

 

出国と入国のたびに、期待や不安、驚き、感動、
そして出会いと別れがありました。

 

新しいパスポートにはどんな国のスタンプが押されるか楽しみです。

スタンプの数だけ、自分が行動した証が増えることなのかな。

 

 

今日はどこまで辿りつきましたか?

海外もいいけど、これからは国内のいろんな場所をもっと旅してみよう。
国内版のパスポートがあれば面白いのになぁ。 

Posted by 奥富 宏幸 at 17:21 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

「それ、いいねっ!」

 

「こうしたらどうだろう?」」

 

「本当はどうしたい?」

 

「大丈夫、何とかなるよ。」

 

「今出来ることは、何?」

 

「そのままでいいんだよ。」

 

多くの問題は、対人関係に関するものと、
自分自身のクセや志向に関するものです。

 

自分自身に対して、

相手に対して、

どんな声をかけるかによって、

あなたの人生は如何様にも変わると思います。

 

「言葉は現実化する。」

 

 

今日はどこまで辿りつきましたか?
昨日のサッカー日本代表の試合、心が動きましたぁ。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:50 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

今月から新しいコーチをつけることにしました。

 

昨年末に数カ月間、初めてのプロコーチをつけてみて、
いろんな発見がありました。

 

私は留学・就職・転職・経営・人生に関する相談を受けることがありますが、
私自身もそれなりにいろんな悩みがあり、

自分を高めるためにいろんなことをしてきました。

 

でも、
やっぱり、1人でできることには限界があります。

 

誰かに相談すること、
しかも家族や友人、会社関係の人ではなく、
第三者の立場で気づきをもらうことで、

 

自分のことを良く知ることができ、

自分のことをもっと好きになり、
自分に対してもっと自信が湧き、
自分の可能性をもっと信じることができます。

 

今回選んだコーチは、人生経験が豊富で、
発する言葉がとても思慮深く、洞察力があり、納得できたからです。

 

その人の数年後の目標の一部は、
私が目指すものに近いものもありました。

 

まさに、高校サッカーの選手が、
ブラジルのネイマール選手を目指すような感覚です。

 

憧れ、尊敬、目標であります。

そして、いつかは追い付き、追い越したいです。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:54 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

週末に、安田佳生さんの「こだわり相談ツアー」に行ってきました。

 

安田さんのことは私が27,28才の頃に働いていた会社でインタビューをした時に知りました。、
オレゴンの大学を出ていることや、安田さんが社長をしていた会社の仕事に興味を持ち、
ツイッターでフォローしたり、本を読んだりして、時々、安田さんの活動をチェックしていました。

 

安田さんのすごい所は、普通の人がまだ気づいていないことに視点を当てて、

新たな社会の動き、人の気持ちの変化をつくろうとしている所です。

 

「境目研究家」として、日常の疑問や世の中の問題について、

独自の考えを発信しています。

本当に、いろんなことを考えているなと思います。

 

 

数年前に新しい会社を立ち上げ、「こだわり相談ツアー」の存在を知り、
申し込んでから数か月、ようやくお会いすることができました。

 

この企画は、こだわりのお店でこだわりのある話をすることが、
こだわりの商品・サービスを生み出すきっかけになるということのようで、
そのアイデアもとても面白いなぁと思います。

 

こだわりのお店で食事をし、
こだわりのBARで酒を飲み、
仕事のこと、プライベートの事をざっくばらんに話をさせてもらいました。

 

安田さんの働き方は、
組織に属して仕事をもらうのではなく、
自分を組織に呼んでもらう、応援してもらうように、
仕事をつくり、主体的に人生を送っているように感じました。

 

「自分の生活に仕事を合わせる」

 

ということなのかな?

 

私も数年後は、そういう新しい働き方のカタチに少しでも近付けたらと思います。

安田さんとは、またお会いできればと思います。

Posted by 奥富 宏幸 at 14:28 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

 誰かにきちんと教育されていない人は、

他の誰かをきちんと教育することはできないですね。

 

誰かに叱られたことがない人は、
他の誰かを叱ることはできないですね。

 

当たり前のことだけど、つくづく実感します。

 

そういう意味では、教育を受ける、叱られる、ことって大事だなと、

今の年齢になって思います。

 

人は大人になると、教わる、叱られることが圧倒的に減り、
自分の勘、経験、思い込みなどをもとに、物事を判断してしまいます。

 

そうして、自分の視野、可能性をグググゥ~っと狭めてしまうんです。
本人も気づかないうちに。

 

誰かや何かから新しい気づきを得ることで、人は成長ができます。
誰に対しても謙虚で対等な心持ちでいたいなと思います。

 

0から1は生まれないし、
ましてや、0から10は生まれない。

 

 

今日はどこまで辿りつきましたか?

自分に厳しい人、自分に甘い人、他人に厳しい人、他人に甘い人、
どれがいいとかではなく、どうしてそうしているかを自覚しているかが大切。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 16:42 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

10月28日の日経の3面に、

「相次ぐ兼業解禁論~多様な働き方進むか」という記事がありました。

 

政府も「働き方改革」を重要なテーマとして位置づけ、

有識者による分科会なども積極的に行っていますね。」

 

アメリカでは相乗りや民泊などを副業にしている人も増えているそうですが、
日本の場合は、「副業」「兼業」を許容する会社はまだまだ少ないです。

 

企業が業務の一部を外部の個人に委託する「クラウドソーシング」では、

インターネットがあれば、正社員として雇用されている人だけでなく、

学生や主婦、パート、定年退職した人なども、自分の得意分野を活かして、

家庭やプライベートの時間との両立もできるようになる可能性があります。

「プロボノ」もその一例です。

 

労働者人口の減少や市場の多様化、スピード化に対応するためには、

一企業でバリューチェーンを全てカバーする必要性もなくなってきましたし、

大企業で終身雇用という働き方も難しくなってきている状況を鑑みると、

 

大企業と中小企業との競争力の差(大企業のプロジェクトチーム化、中小企業の専門化)、

労働者と雇用主の関係性(個人が企業と契約する、どこで、誰と、どのくらいの期間働くか)

 

といった働くことの形もここ数年で大きく変わっていくと思います。
何かワクワクしますね!

 

労働法制の整備などの問題もありますが、副業・兼業する上でさらに大切なことは、

 

「自分はどんな人生を送りたいか?」

 

「自分はどんなことを大切にして生きていきたいか?」

 

という個人の価値観や人生観を考えていくことでしょう。

それがあってはじめて、どんな働き方をしたいか、ということになるでしょうから。

 

安田佳生さんが、こんなことを言っていました。

 

「正社員に求められるのは線の仕事です。

マネジメントから現場仕事まで、ひとつの会社の中で作られる縦線の役割。
フリーに求められるのは点の仕事です。ピンポイントの仕事を、

いくつかの会社でこなす横線の役割。

重要なのは雇用形態ではなく、どちらの役割が自分に適しているのか、ということなのです。」

 

主の仕事があっての「副業」ではなく、いくつかの仕事を対等に行う「複業」へ、

さらには、自分の可能性を広げ、幸福を感じられる「福業」になるといい。

 

 

今日はどこまで辿りつきましたか?

働くことって、辛くもあり楽しくもあります。 

 

 

 

Posted by 奥富 宏幸 at 16:11 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は、家の近くのバーに寄りました。
カウンターには、20代、60代と思われる男性、女性3人組がすでに席についていました。
趣味の話から、仕事の話まで、いろんな話が出来て楽しかったぁ~。

 

「人間力」を付けるには、価値観が異なる人と交流する必要があります。

「人間力」は、ビジネスセミナーや異業種交流会で名刺交換をして得られるような単なる「人脈」とは異なります。

 

「人間力」は、人としてのキャパシティの広さが土台になっていて、
「人間力」をつなげるということは、一人ひとりが持っている情熱や信念、専門性を

お互いに補完していくものです。

 

“take and give” ではなく、”give, give and give, and take” といった感覚です。

 

人は経験を積めば積むほど、先入観や偏った考え方を持つ傾向にありますが、
さらに自分を成長・変化させるには、質の高いインプットをなるべくたくさん取り入れることだと思います。

 

そのインプットとは、

 

1. 自分の考えの延長線上にある「視点」や「考え方」
2. 自分の考えの延長線上にない「視点」や「考え方」

 

どちらも大切ですが、

2.は新しい環境に身を置かないとなかなか得られるものではありません。

 

会社以外で同じような志向を持った人と出会うのはなかなか難しいものです。

 

そういう意味では、バーというのは良い「場」ですね。

私自身も、そういう大人が集い学ぶことのできる「場」づくりをしていきたいです!

Posted by 奥富 宏幸 at 11:01 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

553 でした。

 

ユニセフへの累計寄付金額は、

79,890 になりますぴかぴか(新しい)

 

皆様のご協力に感謝します黒ハート

 

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになりますheart05.gif

 

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 09:30 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

  • プロフィール

最新コメント