埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

「緊急事態宣言」が5月末まで延長されることになりそうです。

 

「ロックダウン」「オーバーシュート」など今まで聞いたことがないような言葉を

耳にし、映画の世界が現実に起こっています。

 

毎日、感染者数が報道され、不安感も増大しているのではないでしょうか?

でも、それは不安に自分が取り込まれているだけであって、

必要な情報を自分から取りに行くことで、ずいぶんと楽になると思います。

 

 

 

ところで、最近は、SNSでもメディアでも、

 

「ステイホーム」

「お家で過ごそう」

 

と、みんなで自粛しよう!という動きが広がっています。

 

 

ステイホーム、
ステイホーム、
ステイホーム・・・

 

 

「禁止への侵犯」ではないですが、人は「やめろ!」と言われると
むしろしたくなる欲求がありますね。

 

その欲求を抑え、何とか自粛モードを乗り切ろうとYouTubeなどで発表されていますが、
皆さんは何か考えましたか?

面白いアイデアがあれば、ぜひシェアして下さい。

 

 

 

私はこんなことを考えてみました。

 

今回のコロナ騒動で何が一番辛いかと言えば、今までできたことができないこと、

自己決定権が制限されること。

 

 

行動も会話も制限される・・・ であるなら、

今の自粛期間を「海外留学」と考えてみてはどうでしょう?

 

 

異国の地では、何かもかもが初めての経験です。

留学当初はどこに何があるのかも分からず、行動範囲は非常に限定されます。

 

 

そして、「自宅で留学する」ために名前も変えてしまいましょう。

例えば、ダニエル・クレイグとか。

 

「今日から自分はクレイグだ!」と宣言してみるといいです。

周りの人にも名前を変えるようお願いしてみましょう。

 

 

家族から、テレワークで会社の同僚から、

 

「クレイグ、今日の調子はどう?」

「クレイグ、このレポートをつくっておいて。」

 

と言われるのです。

 

クレイグとして生きてみると、緊急事態宣言前の状態が違う世界に

見えてくるのではないでしょうか?

 

 

さらに、使う言語も変えてしまいましょう。

 

海外では日本語が通じないように、自宅ホームステイ期間中は、

使用する言葉の語尾に必ず「コロナ」をつけるのです。

 

 

「おはようコロナ」

「今日は何食べるコロナ?」

 

といった具合に。

 

何を馬鹿なことを言っていると思うでしょうか?

 

 

でも、あれこれしているうちに、「コロナ」という言葉も抵抗なく

自然と使えるようになる自分に気づくと思います。

 

コロナウイルス自体ではなく、コロナウイルスという言葉に、

翻弄されている部分もあるのではないでしょうか?

Posted by 奥富 宏幸 at 14:50 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント