埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

私は今日からちょっと早めのGW休みです。
とは言っても、全然休日モードではありません。

 

ロックダウン、外出制限、「3密」を避ける、自粛、そんな言葉を聞いてばかりで、行く場所も、できることも制限されているわけですから。

 

というのはよそ行きの言葉で、普段と変わらないで過ごしています。「仕事」というものを決められた時間だけやるというスタイルではないので、やることがあれば土日でもお風呂の中でもやっている、ただそれだけです。

 

 

そうは言っても、お子さんがいるご家庭は本当に大変だと思います。

子供は外で遊びたくても思うように遊べず、学校へも行けないので友だちとも会えない。

 

しかし、ですよ!

 

ここは人間だけが使える「思考」を存分に使って、現状を打開していきましょう。

じゃ何をしたら良いでしょうか?

 

 

一つの提案は、断捨離です。

 

でもそれは巷で言われているような不要になった本や服をただ捨てるというだけではもったいないです。断捨離の「先」にあることを想像しながら、始めてもらいたいのです。

 

 

コロナウイルスが蔓延して、私たちも気づいたはずです。

 

「今までの世界は、あまりにも固定化されていた。」

 

ということを。

 

 

ルール、規則、数字
時間、場所、価格
スピード、成果、評価

 

 

どれもこれも表面的に目に見えるものばかり。
合理的で効率的、お金に換算できるものばかり。
数や量に固執し、拡大や上昇につながるものばかり。

 

そんな社会では、「余剰」は役に立たないものとみなされてきました。

 

 

しかし、今の生活を見てみてください。

 

あなたには、「何」が残っていますか?

効率的に無駄のない仕事、人生を送ってきて、今現在何が出来ていますか?

 

 

 

ジブリ作品の「ハウルの動く城」は知っていますよね?

 

 

魔法使いハウルの住まいで、ガラクタが集積した生き物のようで、鳥に似た4本の足で歩行して移動する、アレです。

見てくれも悪いし、歩き方も不格好。

 

 

それは私たちが見ているビルや建物とは対極にあるものです。
緻密に設計し、コストや効率を重視した造り、無駄がありません。でもどこか無機質で冷たい雰囲気があります。

 

 

「余剰」は別の言葉で言い換えれば、「遊び」や「ズレ」「ゆがみ」です。

そういったものが私たちの生活からどんどん削ぎ落されてきてしまったと思いませんか?

 

 

フランスの文化人類学者・クロード・レヴィ=ストロースは、「ブリコラージュ」という考え方を提唱しています。

 

 

簡単に言えば、寄せ集めのものから何かをつくる「日曜大工」のようなもの。

 

一見関係性がないような雑多なものを組み合わせて、新しい創造にチャレンジする。狩りの道具をつくったり、祭りや呪術をしたり、人間は本来そういう思考(野生の思考)を持っていたのですが、資本主義社会がその思考を使わなくても良いような構造をつくっていったのです。

 

ですから、このGW、ステイホーム週間は、まず不要なものを捨てましょう(断捨離)。
その上で、ブリコラージュ的な創造活動にチャレンジしてみましょう。

 

 

日曜大工、DIYをするもよし、歌や詩、俳句を書くのもよし。
創作料理、起業プラン、好きな漫画の読書感想文でもよし。

 

とにかくルールや世間体など気にしないで、オリジナルの「作品」をつくってみませんか?

 

 

もし、狭山市近隣にお住まいの方で、新聞、雑誌、段ボールなどを片付ける方は、智光山古紙リサイクルパーク「こしパ!」をぜひご利用下さい

Posted by 奥富 宏幸 at 15:07 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント