埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

穏やかな秋空の下、今日は天皇陛下の即位を祝うパレードがありました。

 

そんなおめでたい一日でしたが、

世間では、おせち料理の準備やクリスマスの宣伝、
年賀状の販売などが始まっています。

 

 

そして、「今年ももうわずか」といった空気がまん延してきます。
今年を振り返り、来年に向けた計画を立てたりするわけです。

 

 

どうして私たちは、年末が近づくと、普段以上に慌てたり、

後悔したりするのでしょうか?

 

 

 

大晦日を境に、ビジネスが大きく変わるわけでは決してないのにです。

 

 

最近取引先との会話で、

 

「今年ももうあと2ヵ月ですね」

 

なんて話を聞きますが、正直その言葉には何の意味もありません。

 

 

結果を出している方は、そんな話もしませんし、

そもそもそういう考え方を持っていないように思います。

 

 

ビジネスでは、目標を立てても、

その通り進むこともあれば進まないこともあります。

 

ただ目標を実現するための手段を徹底的に考え、実行するだけです。

 

 

時間軸の概念も年末だからどうとか、

そういうスパンで物事を考えていません。
もっと大きな視点で見ているのです。

 

 

「今年ももうあと2ヶ月」との意味が「逃げ」なのか、
「さらなる追い込み」なのかは、本人にしか分かりません。

 

そして、当の本人はその意味を知っているはずです。

 

 

だから、「もうこれだけしかない」と考えても、

「まだこんなにある」と考えても、

過去の自分を乗り越えなければ、結果はそれほど変わらないでしょう。

 

時間がどれだけあっても、やらない人はやりません。

 

結果を出している人は、時間あたりの処理量と

アウトプットの質を上げる方法を知っています。

 

中途半端に来年の目標を考えたり、

慌ててやり残したことに手を出すくらいなら、

2ヶ月間何もしないことにトライしてみたらどうでしょうか?

 

何も出来ない状態が続けば、

本当にやるべきことが嫌でも分かるはずです。

 

よく物事の見方を変えてみる例として、

コップの中の水が半分だとした時に、

「もう半分しかない」か「まだ半分ある」と考えるか

というものがあります。

 

でも、2ヶ月経てばコップの中の水は蒸発してなくなります。

水のことを考えることをやめ、別の視点が生まれているはずです。

 

あなたは、今年の残りの時間をどんな風に過ごしますか?

 

*****************

経営者・事業主・リーダーを目指す皆様へ、こんな企画をしました

↓↓↓↓↓↓

【年内限定】「真面目な話がしたいんだ」という方のための雑談セッション

Posted by 奥富 宏幸 at 21:23 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント