埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

先日、相談に来られた従業員10人ほどの中小企業の社長さんが、

こんなことを言っていました。

 

 

「奥富さん、社員は全然私の気持ちを分かっていないんですよ。

社員のことを思っていろいろやっているし、

自分が先頭に立って現場の仕事もやっています。
多くを語らずに、背中を見て感じてもらいたいのです。」

 

 

私はその社長さんのお話を聞きながら、内心は、

 

「確かに社員の人たちは社長さんの気持ちを分からないだろうな・・・」

 

思っていました。

 

 

その社長さんは自分では正しいことをやっていると確信しているので、
何が問題の本質なのかを全く理解できていないのです。

 

 

 

まず、社長さんが自分にばかり目が行っていることに気づいていません。

 

哲学で言う「実存的」ということです。

 

話の主語が、常に自分視点で、

 

「オレは、こんなにやっている。オレだけ大変な思いをしている。
 なのに、なぜ分かってくれない!オレは、オレは・・・」

 

とオレオレ主義になっています。

 

 

次に、社長さんは言語化が十分に出来ていません。

 

「いろいろやっている。」

 

のいろいろが自分の中できちんと言語化できていない、
実際は何かをやっているのでしょうけど、
本当に社員のためになることをやっているという思考と自覚がないので、
「いろいろ」と一般化して、はぐらかしてしまうのです。

 

 

そして、「背中を見て感じてもらいたい」という発言もダメです。

 

一昔前は、「イチイチ聞く!オレの背中を見て感じろ。」と
言った考え方もありました。

 

 

ただ、今の若い人たちは、何かをするにしても、
「目的」とそれをする「理由」を

論理づけて説明しないと納得しないのです。

 

 

現場の仕事を汗水流しながら働く社長を見て、

社員が思うことはいろいろあるでしょう。

 

 

でも、それだけでは会社の売上増や社員の満足度に

つながることはありません。 

 

 

社長がやるべきことは、

会社の目差す世界観を自分の論理で言語化し、

行動できる仕組みをつくることです。

 

 

常識から外れた社長自らの哲学を、

時には具体的な数字を使って具体的に、
時には体験談やイメージを使って抽象的に、

社員や社会に伝え続けることです。

 

 

それらがあって、はじめて人は社長を信頼し、尊敬し、

「この人は自分の知らない世界を見ている。信じてみよう。」

と思えるようになるのです。

 

そうすれば、背中を見せることも効果的でしょう。

 

 

自分の思いが相手に完全に伝わることはありません。

 

だからと言って、言葉を紡ぐことを諦め、
社員に背中を見せて感じろ!と言っているのであれば、
その社長は、自らの仕事を放棄していると言えます。

 

そんな会社にいる社員は、転職を考えた方が賢明でしょう。

Posted by 奥富 宏幸 at 15:44 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント