埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

最近は、サブスク(サブスクリプション・ビジネス)が大きなトレンドになっています。

 

 

定額料金を支払えば、服、靴、車、映画、音楽など自分のお気に入りのものが

何種類でも手に入るわけです。

 

 

住まいの「サブスク」なんかも出てきたとニュースで見ました。

 

 

「所有」から「利用」の時代になったことで、
モノを売って買換えてもらう、というビジネスモデルが

多くの業界で通用しなくなりました。

 

 

定額課金することで、企業としては安定した収益が見込めますし、
顧客側も自分の好きなモノを好きな時に手に入れることができます。

持つ手間、捨てる手間、つまり時間と空間の省略につながります。

 

 

私が一つ考えたのは、「社食のサブスク」。

 

 

社食は昼食時しか混まずに、朝と午後の時間帯はスペースも

空いているので企業としては時間だけでなく、食材、人材も有効活用したい。

 

 

利用者のメリットとしては、高校生、大学生であれば、

将来働きたい企業のリサーチにもつながるし、

主婦やママ友の団らんの場としても活用できます。

 

サラリーマンは、営業先に近い社食で隙間時間の仕事ができるし、

カフェ探しの労力も減ります。

 

街歩きや観光の合間に利用してもらっても良いでしょう。

 

 

企業側のメリットとしては、潜在顧客との距離が近くなること。

お年寄りや障害者を反ピーク時に雇うことで、

雇用創出や利用客からアンケートや商品企画のアイデア出しにも活用できます。

 

 

その見返りとして利用代金や食事代金を割引しても良いです。

 

 

企業のレベルや時間帯よって、利用料金を変える

ダイナミックプライシングを導入しても面白いでしょう。

 

 

 

サブスクとは少し違いますが、プロボノやクラウドソーシングといった、

自分のスキルをシェアするサービスもたくさん出てきました。

 

 

でも、これはプラットフォーマー(支配者側)にとってはすばらしいことですが、
利用者(提供側)にとっては、ちょっとした趣味レベル程度で

満足するということも多いでしょう。

 

 

企業は大量の社員を定年まで雇い続けるビジネスモデルを維持するのが難しくなり、
社員も多様な価値観や選択肢がある中で、

定年まで同じ会社で働きたくない人が増えました。

 

 

つまり、「切り売り」「秤り売り」の時代になったのです。

「持たない社会」とも言えますし、
大きな物語から小さな物語へ移行したとも言えます。

 

 

そんな世の中の構造を俯瞰した上で、

あなたはどんな働き方、生き方を選択しますか?

 

 

持たないで何でもシェアするだけでは、

あなたには何も残りません。

 

では、何を持ちたいですか?

 

 

お金?

仕事?

名声?

スキル?

 

 

本当にそれらですか?

 

目に見えるものではなく、

目に見えないものを手に入れる努力をしていかないと、

結局何も残りません。

 

目に見えるものというのは、

目に見えないものを手に入れた後に残るものだから。

 

 

あなたがどんな世界観を目差し、どんな行動をするのか?

その答え次第で、世の中はどうにでも変わると言えるし、

何も変わらないとも言えます。

Posted by 奥富 宏幸 at 14:48 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント