埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

30代、40代の自由と成長を手に入れるキャリア→→メルマガ登録はこちら

 

 

新天皇陛下が即位され、令和元年がスタートしました。
皆さんは、どんな気持ちで5月1日を迎えましたか?

 

新しい時代になったのを機に、
何か新しいことをはじめようと思う人もいるでしょう。

 

元号が変わったから何かを変えるというのではなく、
変えられるのはいつだったできると思う人もいるでしょう。

 

 

上皇さまは、

 

「天皇とは日本国、日本国民の象徴」

 

とはどういうことなのか公務や国民への接し方の中で体現されてきました。

 

新天皇も、日本国、日本国民の象徴のあり方を、

歴史を顧みながら、自ら模索されていくとのお言葉がありました。

 

 

 

====================
「象徴」を目に見える形にしていく。
====================

 

「象徴」とは目に見えないもの。
「象徴」とは、国民一人ひとりが感じとるもの。

 

その「象徴」のあり方を自らの存在・言動でつくっていく。

 

 

これは、次元は違うにせよ、
自分の生き方や会社のあり方を
つくっていくことに通じるところがあります。

 

天皇陛下は常に国民に寄り添い、
国民とともに生きてきました。

 

多様な価値観を認め、高次元で統合するために
何が必要なのかをずっと考えてきたと思います。

 

戦死者や被災者の過去と現在にも向き合ってきました。

 

 

私たちも自分の生き方や会社のあり方をつくっていく時に、

大切にしたい価値観をきちんと共有して行く必要があります。

 

一人ひとりの価値観は異なるでしょう。
完全に一致することはありません。

 

その時に、

自分の価値観を通す。
相手の価値観に合わせる。

 

の二者択一ではなく、

双方がある程度納得できる道を探していきましょう。

 

 

力関係が対等でない場合は、
自分の価値観を押しつけることも可能かもしれません。

 

人によってはあなたの心の境界線を越えて、
心を乗っ取ろうとするかもしれません。

 

心理ゲームに引きずり込まれるかもしれません。

 

 

では、そうならないためにどうするか?

 

1. 自分の価値観はきちんと相手に伝える。
2. 感情的にならずに、でも自分の感情は伝える。
3. 相手の感情に責任を持たなくていい。

 

こんなことを意識していきましょう。

 

P.S.

GWはまだ続きますが、私のGWは昨日で終わりました。

今日から仕事モード全開です。

Posted by 奥富 宏幸 at 14:05 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント