埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

先日、コーチングをしている最中に、
感情が高ぶって思わず涙を流した方(Aさん)がいました。

 

 

本人としては、少し恥ずかしかったようですが、

私はとても嬉しかったです。

 

Aさんの心にたまっていたわだかまりがとけたから。

 

 

 

会社経営者であるAさんからは、

 

「やはり自分の弱さを見せることは、

時には必要だと感じました。

自分の気持ちを吐露することで、

悲しみや喪失感がスッと和らぎました。

 

今まで、人に相談できなかったのは、
相談したらそれが相手の悪口となってしまうと思い
気が引けていたからです。

 

でも、よく考えてみると、

自分の弱さをさらけ出すことができてなかっただけだった、

と気づきました。

 

自分の弱さやダメなところをユーモアを交えて
話せるようになりたいです。」

 

とおっしゃいました。

 

 

Aさんは、このセッションで大きく変化しました。

 

今まで弱みをみせられなかった理由を、
自分で再定義することができたのです。

 

 

たまっている気持ちを出しきり、
新たに入ってくるアイデアを素直に受け止める。

 

 

「出しきれば、入ってくる。」

 

というのは、自分の考えをアウトプットし、
新たな学びのインプットにもつながりますが、
人の呼吸でも同じ事が言えますね。

 

 

「息をふぅ~っと吐く。」

と新鮮な空気が入ってきます。

人は、お母さんのお腹から生まれてきて、
すぐに「オギャー」と泣きます。
息を吐くんです。

 

そして、死ぬときは、呼吸が止まり、
息を引き取ります。

 

面白いですよね。

 

息を吐けば、自然と新しい空気が入ってきます。

 

 

話を聞いてもらう、言葉にして書くというのも
自分の心を開放するには良い方法です。

 

出せば、入ってくるものがあります。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 16:16 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント