埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

仕事や経営に関しての相談を受けていて、
相談者といろんな話をしていく中で、
悩んでいる問題の多くが、

人間関係について、コミュニケーションについてに関係していることが多々あります。

 

心理学者で有名なアドラーも

「人間の悩みは全て対人関係の悩みである。」

と言っています。

 

人間の悩みを深く探求していくと、

根本的なところは、全て、
対人関係の悩みに行き着くということです。

 

 

先日、相談を受けた方は中小企業の2代目ですが、

お父様が会長として現在も会社にいらっしゃいます。

 

最初は、会社の今後の経営戦略や強みの棚卸について

話をしていたのですが、いくつかの質問をしていく内に、

その方とお父様の関係性について悩んでいることが見えてきました。

 

お父様は一代で会社を築きあげ、ワンマン経営で何でも自分でやってきました。

 

一方、その相談者は一度外の世界に出て、大企業で働いて修行をした後に、
お父様の会社に入られました。

 

大企業で学んだ、他者を尊重しながら合意形成していくスタイルを持ち込み、
仕事の分業化やマーケティングも積極的に取り入れようとしました。

 

ただ、事あるごとにお父様とぶつかりました。

 

「どうして自分のことを理解してくれないだろう?」

 

そんな思いをいつも持ちながら、

父親に「支配」「束縛」されている感覚があったようです。

 

でも、時間が経つにつれ、お父様の思考や性格も分かってくる中で、

「自分が変えられる事に集中し、それを一生懸命続ける」

ことが自分が幸せになれる、たった一つの方法だと思うようになったそうです。

 

家庭でも、組織でも、社会でも、異なる価値観は共存します。
その中で、より高い次元の良い状態を目指すには、「何」ができるのでしょうか?

Posted by 奥富 宏幸 at 15:34 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント