埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

「今日はいい一日だったなぁ~。」

 

と幸せや感動を感じることはありますか?

 

昨日のことですが普段あまり気持ちを外に出さない人が話をしてくれて、

 

「あ~、こんな一面があったんだなぁ」

 

と感じた時に、何か嬉しい気持ちになりました。

 

他人の関心事や心の動きに寄り添うことができると、

何かいい気持ちになることってありませんか?

 

自分が好きなこと、気になることについて追及することも大切です。

 

仕事でもプライベートでも、問題に真正面から向き合い、
そのことばかり考えて、視野が狭くなっていると、
幸せや感動を感じづらいでしょう。

 

東北大学加齢医学研究所の瀧靖之さんは、
「自分にとって心地いいことや楽しいことを積極的にやる」ことで、

脳も元気になり、「主観的幸福度」も上がるとのこと。

 

そのために、必要なことは「好奇心」「コミュニケーション」「有酸素運動」の3つだそうです。

 

私の日常生活を顧みても、これら3つのことが不足すると

自分が小さく縮こまる気がしてきて、とても納得できます。

 

「あなたが欲しいモノはなんですか?」

 

この質問に対する答えは、人それぞれだと思います。

 

長期休暇、最新のiPhone、健康や若さ、格差のない社会、高級外車、恋人、美味しい食事、家族の幸せ・・・

 

その答えには、

値札が付いているものもあれば、
値札が付いていないものがあります。

 

その答えには、
目に見えるものもあれば、
目に見えないものがあります。

 

その答えには、
一時的な欲求を満たすものもあれば、
時間をかけて欲求を満たすものもあります。

 

私の答えの中で、上位に間違いなく来るのは、

 

「知的好奇心や創造性を生み出す対話」

 

です。

 

まさに、「好奇心」と「コミュニケーション」!

 

運動はもちろん好きですから、やっぱり脳が元気になりたいんだ・・・。

Posted by 奥富 宏幸 at 17:20 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント