埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

今日はハロウィンです。

 

日本では週末の一昨日、昨日が全国各地でいろんな催しがあったようです。

 

渋谷や六本木はすごい人の数だったみたいですね。

私は約15年前にアメリカ留学していた頃に、メン・イン・ブラックの仮装をしたきり、

仮装したことはありません。

 

当時は、日本でハロウィンが流行るなんて全く予想できませんでした。

せいぜいカボチャのオブジェを庭や部屋に飾ったり、

ほんと狭いコミュニティーで小さいパーティーをする人がいたくらいです。

 

ハロウィンが日本にも定着してきたのは、

閉塞した社会の空気感から解放されたいと思う人が、

インターネットやSNSなどのツールを使ってつながりやすく、

自己表現しやすくなったことも関係しているかもしれません。

 

仮装すると、人は隠していた、隠れていたキャラが出てきますね。

 

平野啓一郎さんの「分人」という考え方や

田坂広志さんの「多重人格」という考え方に通じるものがあります。

 

隠れたキャラも「自分」の一部なんだろうけど、

仮装をしないと出せないというのは 少し寂しい気もします。

 

でも、それで人が街が元気になるのならハロウィンの価値もあるのかなー。

 

今日はどこまで辿りつきましたか?

祭りは、見知らぬ人と仲良くできる「力」を持ってる。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:49 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント