埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

堪え性がない人が多い気がします。

 

仕事でも人間関係でも、時間を置いて「待つ」ことができなくなってきたのかなー。

 

例えば仕事。3日、3ヶ月、3年じゃないですが、苦労して入った会社も節目節目で辞めたくなることはあります。

 

私が以前いた会社も100人新入社員を採用しても、1年以内には半分近くが辞めていました。

働く側からすれば、

 

「仕事が合わない」

「入社前と思っていたのと違った」
「休日や給与などが満足できない」
「会社の同僚が気に入らない」

 

など、いろいろな理由が出て来るでしょう。

 

受け入れる企業側にも、業務内容、福利厚生、コミュニケーションなどの面で
改善していかなければいけない側面もあると思います。

 

今は、一昔前に比べれば、仕事を選べる「選択肢」がたくさんあります。

 

「もっといい会社があります!」といって、転職をあおる会社もたくさんありますし、
「好きなことを仕事にしよう!」といったメッセージが本やネットで溢れています。

 

でも、それは本人の「仕事に対する心構えと能力」がある前提での「」付きの
話だということを肝に銘じておいたほうが良いかもしれません。

 

まず、「仕事は最初のうちは出来なくて当たり前」ということを忘れがちです。
3ヶ月で出来ること、3年で出来ること、10年で出来ること、違ってきますよね。

 

ただ、

 

「仕事に対してどんな心構えで向き合うか」

「自分はどんな働き方をしたいのか」

「自分が優先する価値観は何か」

 

が自分の中で確立されてこないと、
いろいろな会社を渡り歩いても、
あるいは、同じ会社に何年いても、
あなたの能力は広がらないと思います。

 

「待つ」ことで見えて来ることがあります。

私自身も20年近くかけて、ようやくその事の意味が分かりつつあるので・・・

Posted by 奥富 宏幸 at 15:48 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント