埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)

Pagetop

昨日、5月18日は「ことばの日」でした。
五(こ)十(と)八(ば)で「ことば」の語呂合せのようです。

 

言葉って、この年になって、その大切さを感じます。

 

高校球児の試合後のインタビューでの発言には、純粋に美しく感動しますし、
政治家や有名人の”誤解を招く失言”には、言葉の危うさも感じます。

 

汚い、野蛮な言葉を使う人もいれば、
一つ一つの言葉を丁寧に選んで話す人もいます。

 

使う言葉が、その人の人格や性格を表すと行っても言い過ぎではないと思います。

 

厳しい言葉を言われれば、こちらも厳しくあたるかもしれない。
優しい言葉をかけられれば、こちらも優しく応えるかもしれない。

 

同じような意味合いでも、その言葉の受け取り方が違うものもありますよね。

 

例えば、何か問題を抱えた時に、自分がどのようにその問題を”見る”かですが、

 

「受け止める」と言えば、少し重くのしかかるように感じるかもしれません。

 

「受け入れる」と言えば、素直に自然に事を見守ろうと感じるかもしれません。

 

「受け流す」と言えば、「柳に風」のようにさらりとかわすように感じるかもしれません。

 

 

自分が発する言葉に気を遣うことで、変わることもあるのかも。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:27 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • プロフィール

最新コメント