埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)
  • HOME
  • >
  • 奥富宏幸のブログ

Pagetop

狭山市議会議員でもあり、NPO法人まちのつながり推進室代表でもある矢馳さんが、7月1日(日)にアフリカンフェアを開催します。

 

 

 

今年で4回目になるそうですが、今回は開催場所を稲荷山公園に移し、開催時間も延長するなどさらにパワーアップしています。私の会社も協賛という形で微力ながらサポートさせて頂きました。

  

野外ステージでは、アフリカンミュージックやダンスを楽しめますし、アフリカの民族衣装の試着体験ブース、流し麺のブースなどもあるようです。狭山茶の紹介や阿波踊りもあります。その他に、アフリカ料理や民芸品のお店が多数出展します。

 

 

私自身もそうですが、アフリカに行ってみたいけど行ったことがないという方には、非常に貴重な体験になるでしょうね。

 

7月1日は稲荷山公園で自然を満喫しながら、アフリカの「風」を感じてみてはいかがですか?

 

********************************************************

アフリカンフェア2018 in SAYAMA 詳細
********************************************************

■日時:   7月1日(日)
■開催時間: 11:00〜19:00  ※荒天時は秋に再企画
■場所:   埼玉県営狭山稲荷山公園

■連絡先:  080-2148-5558(やばせ)

Posted by 奥富 宏幸 at 10:07 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは、「センス」と聞いて、何を連想しますか?

 

 

「彼女はいい服のセンスをしているなぁー。」

「ここのお店の味付けはセンスがいいね。」

「彼の文章にはセンスを感じる。」

「あなたってユーモアのセンスがないね。」

 

こんな使い方をします。

 

男性誌「LEON」のキャッチコピーは、

 

「必要なのはお金じゃなくてセンスです」ですね。

 

 

英語で”Sense”は五感のことを言いますし、

“Six Sense”と言えば第六感のことですから、

感覚や直感に関係がありそうです。

 

 

広辞苑を引けば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【センス】物事の微妙な感じをさとる働き・能力。感覚。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とあります。

 

 

 

なるほど、「物事の微妙な感じをさとる」とは
これまた分かるようで分からないような微妙なニュアンスです。

 

 

ちょっと違う視点で、

どんな人がセンスのいい人だと思いますか?

 

私は、

 

「独特の感性や美意識、審美眼を持ち、モノを選ぶ基準が他の人よりユニークな人。

 

 そして、自分らしい生き方を追求し、実践している人。」

 

だと思います。そして、こんな人になりたいなって思います。

 

 

センスが良い、センスがある。

センスが悪い、センスがない。

 

というのは、人によって見方・感じ方が違いますが、センスが良い人というのは、
一般大多数の人が気づきそうで気づかないような物事や心情の機微に触れ、

その微妙な変化を自分なりの方法で表現しているのだと思います。

 

 

人生を楽しむセンス、幸せや喜びを感じるセンスを高めていきましょう。

センスを高めることは、あなたの感動センサーを高めることにつながります。

 

あなたのセンスを高めるために私がお手伝いできることがあります。
↓ ↓ ↓

---

▲無料お試しコーチングのご案内

 

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

 

 

Posted by 奥富 宏幸 at 11:00 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

『着眼着想ナイトツアー』を開催中です。

 

毎日が同じ事の繰り返しで、幸せを感じるセンスが弱まっていませんか?

 

仕事や人生を楽しむために、

 

普段とは違う場所で、
普段とは違う人と、
普段とは違う話をする。

 

そうすると、いつもとは違う視点で物事を見たり、新しい目標を見つけたりして、
自分の可能性に気づくことがあります。

 

 

心身ともにリラックスし、
知的好奇心をくすぐるようなお話をしましょう。

 

 

 

 

赤提灯のような賑やかなお店が好きですか?
タイやベトナムなどのアジアンのお店が好きですか?
カウンターのあるしっぽりできる和食が好きですか?

 

 

美味しい食事と楽しい会話をし、
こだわりのBARで酒を飲み、

 

あなたらしい仕事、
あなたらしい経営、
あなたらしい人生、

 

あなたの夢について、

 

語らいませんか?

 

「あなたの人生を前に押します。」

 

~着眼着想ナイトの詳細~

 

場所:奥富がチョイスしたお店または相談者希望のお店(新宿・池袋・所沢あたり)
時間:金曜日か土曜日の19時-22時ごろ
予算:1~2万円程度(2名分)

 

・相談は無料ですが、食事代をお支払いください(食事代が相談料です)。

・申し込みご本人様と奥富の2名で開催します。月2回程度を予定しています。
・ご希望の方は、【こちらから】、または dusseldorf777@yahoo.co.jpへ希望日時をお知らせください。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:10 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、会社近くの埼玉りそな銀行狭山支店 狭山一番街出張所の営業最終日でした。

 

狭山市駅前に狭山支店が出来ましたので、窓口業務を集約し、人件費削減、

業務の効率化などを図るのでしょう。

 

おそらく60年近くこの地で営業していたと思います。

 

 

 

銀行がある入間川七夕通り商店街は、かつてはりそな銀行の他に、
北海道拓殖銀行、武蔵野銀行、小川信用金庫などたくさんの金融機関がありました。

 

 

それが少子高齢化や高齢者問題、近隣への大型SCの出店などで、

一店一店消えて生き、ついに最後の砦であった

 

そして、埼玉りそな銀行もシャッターを閉めることになりました。

 

 

受付のスタッフとも長い付き合いであり、仕事上での会話がほとんどでしたが、
今日最後に行ったときは、とても悲しく、「お疲れ様」という気持ちになりました。

 

 

時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、

戦後の入間川のマチとヒトを見続けてきた

一番街出張所がなくなるのは、何かやり切れない思いがあります。

歴史的建造物としての価値もそれなりにあるのではないでしょうか?

単なる銀行でなく、ヒトが集い、語らった場所だったのだと思います。

 

 

人は、新しいものに刺激を受けますが、一過性なものだったり、

代替可能なものであるものが多く、その感動が長く続くものはそんなに多くありません。

壊すのは簡単、捨てるのは、簡単です。

 

 

地方の銀行では、お客さん同士が銀行に来たついでに

少し話ができるような場所を設けるお店も出てきました。

 

銀行自体も従来の手数料ビジネスではジリ貧ですし、

設備投資や運転資金のための融資頼りでは限界があるでしょう。

 

ビジネスマッチングたコンサルティング的なものも本業ではないので、

今ひとつ中途半端な感があります。

 

そんな風に考えると銀行の存在価値って何なのでしょうね?

 

 

お金を貸したり、借りたりするという機能だけでは、
いずれ大部分は別の手段に取って代わられる可能性があります。

 

ネットバンキングや電子決済、仮想通貨などは海外ではものすごい勢いで

利用されています。

 

お金の価値も考える時代になってきたのでしょうか?

 

 

そして、お金の価値を考えると言うことは、信用、さらには信頼関係についてまで

思いを巡らせてしまいます。

 

銀行→お金→信用→信頼

 

 

「人と人が信頼関係をつくる」

 

この大前提が、今の世の中でかなり弱まっている気がします。

 

 

Posted by 奥富 宏幸 at 13:49 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、史上初の米朝首脳会談が行われました。

 

今後の成り行きについては期待と不安が混在していますが、

最初の一歩を進んだことには違いありません。

 

日本に関して言えば、このタイミングで拉致問題の解決に向けて

何か形の見える成果を望みます。

 

長い間積み重なった暗い過去は変えられませんが、未来は過去への見方を変えられます。

 

 

その首脳会談後にトランプ大統領が記者会見をしましたが、

あなたはどんな風に感じましたか?

 

 

「この人の話す言葉は軽いなぁ~。」

 

と思う人もいれば、

 

「この人の話す言葉は深く、重いなぁ~。」

 

と思う人もいます。

 

言葉自体には重さはないのに、 そう感じるのはどうしてでしょう?

 

一つは、話す人の「人格」によるところがあるでしょう。

 

例えば、国民栄誉賞受賞が決まった羽生結弦さんは、

 

「できる時にできることを精一杯やる。できない時はその時にできることをやる。」

「努力はウソをつく。でも無駄にはならない!」

 

という言葉を残しています。

 

でも、同じ言葉をあなたの知らない人から聞いたとしたら、どんな風に感じるでしょう?

 

 

そう考えると、話を聞く人への信頼感、尊敬の気持ちがどのくらいあるかが、

あなたが感じる言葉の重みに関係しそうですね。

 

 

もう一つは、話す「言葉の奥行き」も大切な要素です。

どのくらい深く広く考えた上でその言葉を発したかということ。

 

相手に伝えることが「10」とした時に、その「10」だけ知っているのと、
「10」の奥にある「100」の事を知っていて、「10」を伝えるのとでは、
話の説得力や深みが違ってきます。

 

時々、そういう人に出会います。
前職のコンサル時代にいっしょに仕事をした上司がそんな方でした。

 

話の結論はシンプルだけど、いろいろ質問をしてみると尊敬と嫉妬をするくらい

「ここまで考えていたのかぁ」と気づかせてくれることが多々ありました。

 

その上司は、

 

「本を読んだら、その話の背景や歴史を自分なりに想像してみるといい。

分からなければ調べるといい。その作業をどれだけやり、自分の言葉に変換するかで、

言葉の重みは全然変わってくる。」

 

とおっしゃっていました。

 

あなたの「人格」を磨き、「言葉の奥行き」を深めるにはどうしたらよいでしょう?

 

 

 

それはあなたらしい生き方を追求していくことです。

 

誰かの言葉ではなく、自分の言葉で語ることができるように、

自分の心が喜ぶものにたくさん触れ、
多様な価値観の中から教養や知識を吸収する。

 

 

それがあなたの言葉に色や匂い、味、景色、気持ちを乗せて、
相手に伝えるような気がします。

 

また、聞かれたことだけを答えるのではなく、

聞かれたことに対して、新しい「意味」や「見方」をちょっと足して、
話を広げられるように意識していきたいです。

 

そして、相手の気持ちを考えながら、言葉を選ぶことも。

 

---

無料コーチングモニターを募集中!

↓ ↓ ↓

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。
↓ ↓ ↓

▲無料お試しコーチングのご案内

Posted by 奥富 宏幸 at 17:43 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

 皆さんは、「勇気」と聞くとどんなことをイメージしますか?

 

 

 

広辞苑を引くと、

 

【勇気】いさましい意気。物に恐れない気概。

 

とあります。

 

 

そんな「勇気」について、
私の師匠から聞いた言葉で、そのまま使わせてもらっているものに、

 

「迷ったら勇気のいる方を選択する。」

 

があります。

 

「相手に伝えたいことがあるけど、苦手な人なので迷っている・・・」

「今の職場は居心地は良いけど成長できない。転職すべきか悩む・・・」

「気になる女性がいるけど、フラれたら嫌なので、何も行動できていない・・・」

「誰も嫌がる仕事があるけど、誰かがやらなくてはいけない。どうしよう・・・」

「本当に大切なことを先延ばしにしている。分かっているけど、腰が重い・・・」

 

こんなことってたくさんありますよね。

 

朝起きて床につくまでの間に、あなたが気になることについて、

 

「やるか?」
「やらないか?」
「そのままにしておくか?」

 

その選択の積み重ねが、あなたの人生を形作っています。

 

 

 

 

人生にはいろんな選択肢があります。

これを選べば絶対成功する、といった答えもありません。

 

つまり、選んだ選択肢を良しとできるかどうかにかかっています。

 

 

私のことを少しお話すれば、10代後半から20代後半までは、
ブラジルへサッカー留学したり、アメリカ留学したり、転職を繰り返したりと、

失敗も恐れながら、「自分がやってみたい!」と思うことに挑戦してきました。

 

30代になると、それなりに世間での処世術を身につけて、

リスクを最小限に回避するような言動をとるようになってしまいました。

周囲の顔色をうかがい、大きな勝負には出ないような生き方だったかもしれません。

それでも、ドイツ駐在や家業への転身など勇気のいることにも飛び込んできました。

 

 

現状維持でいることは、楽ですし、安全です。

でも、どんなことも一生安定で変わらないことなどありません。

 

「人生に失敗はない。何もしないことが失敗だ。」

 

ということの意味が最近よく分かってきました。

 

 

嫌いなもの、苦手なものに向き合う心が勇気だとしたら、

一番恐れているのは、自分自身の作り出している観念なのかもしれません。

 

「失敗したくない。」
「完璧でなければならない。」
「うまくいきっこない。」
「○○に決まっている。」
「みんな○○だ。」
「いつも○○だ。」

 

あなたが作り出すそんな観念が、目の前の現実を作っているのだとしたら、
そして、今の現実をもっと自分の望むべきものにしたいと心から思っているのであれば、

やるべきことは見えてきますね!

 

 

アメリカの女優である、ジュディー・ガーランドは、

「他の誰かではなく、自分自身の最高を目指すべきである。」

 

 

マハトマ・ガンディーは、
「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」

 

と言っています。

 

---

無料コーチングモニターを募集中!

↓ ↓ ↓

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。
↓ ↓ ↓

▲無料お試しコーチングのご案内

Posted by 奥富 宏幸 at 17:52 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

1日24時間のうち、自由に使える時間はどのくらいありますか?

 

睡眠に6~8時間、

食事やトイレなどに2時間、

働いているのであれば会社の拘束時間が8時間、

通学、通勤、送迎などの移動時間が1~2時間ある人もいるでしょう。

 

家族の世話などに時間をとられる人もいるかもしれません。

友人からのLINEに返事をしたり、FBやtwitterの記事を何となく見ている時間も。

 

そう考えると、私たちが自分の時間を確保するためには、

相当意識をしないといけないことになります。

 

 

 

時間管理(タイムマネジメント)はとても大きな課題です。
あ~、ほんとに。

 

皆さんはどんな風に時間管理をしていますか?

 

 

To Doリストを作る。
ポストイットを活用する。
スケジュール管理のアプリを使う。

 

いろいろあると思います。

 

 

同時並行で複数のことにとりかかる(マルチタスク)も良いと聞いたことがあります。

 

ある仕事を30分やったら、また別のことを30分やる、

 

と言う風に時間を区切って細切れにいくつかの仕事をやる方法です。

 

私も、気が散りやすいためか、結構マルチタスクで仕事をしますが、

先日前ラジオで面白いことを聞きました。

 

 

脳科学的な見地からすると、

実は、はマルチタスクをしている人というのは、

一つの作業を高速で切り替えているに過ぎないらしいのです。

 

 

脳だって同じ瞬間にできる処理能力に限りがありますからね。

 

<パンを食べながら、メールをして、誰かと話をする>

くらいは出来そうですけど。

 

マルチタスク能力は必要だと思っていましたが、

厳密には、シングルタスクを終えきり、

次のタスクに取りかかかるための、
「集中力」と「勇気」が大切なんだと思います。

 

 

時間管理の観点から見ると、あれもこれもとつまみ食いのように

いろんなことに取りかかると、どれも中途半端になってしまうというのは、
私もよく経験しています。

 

 

あと何十年生きられるかもしれないし、

明日、事故に遭ったり、病気になるかもしれません。

 

 

そう考えると、

「一つ一つのタスクを心を込めてやりきる」ことの連続が
豊かな人生につながるのかなと思います。

 

---

無料コーチングモニターを募集中!

↓ ↓ ↓

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。
↓ ↓ ↓

▲無料お試しコーチングのご案内

Posted by 奥富 宏幸 at 10:41 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなりですが、

 

「あなたはどう生きるか?」「あなたは何で生きるか?」

 

と聞かれたら、なんと答えますか?

 

「そんな難しいこと考えたことはない。」

「今が楽しければいい!」

「自分を成長させるような人生を送りたい。」

「お金を稼ぎ、家族を養うために生きるている。」

 

きっと、いろんな答えがあるでしょうね。

 

 

 

今日、日経MJが「2018年上期ヒット商品番付」を発表しました。

 

東の横綱は、大谷翔平。西の横綱は、平昌五輪でした。

番付を見て、今の世相を反映していると思えたのは、
高アルコールビール、強炭酸、マックのパティ2倍バーガーなど、
何か強い刺激を求めるような商品が売れている気がします。
それは、「普通じゃ物足りない」という欲求の現れなのでしょうか?

 

そんな中、一番気になったのは、
西の大関に入った「君たちはどう生きるか」という小説と漫画です。

 

小説は約80年前に発表されたものですが、人の生き方を問う内容が、
閉塞感漂う今の社会にうまくマッチしているのだと思います。

 

私も読んでみましたが、80年前に書かれたものとは思えないほど新鮮で、
今読んでも、とても共感できました。

 

数年前に大ヒットした「嫌われる勇気」もそうですが、

成功するためのノウハウやハウツーを探しまわるのではなく、
もっと根源的な本質的な人間の生き方について、
考える人が増えてきているのでしょう。私もその一人ですが。

 

 

「どんな人生を送りたいか?」

 

の答えは、一人ひとり異なります。

 

自分の頭で考え、自分の手足を使って行動していく中で、
周りの人との関わりの中で、新しい気づきを得て、
一生をかけて見つけていくものだと思います。

 

 

トルストイの「人は何で生きるか」を昨日読みました。

 

実は、トルストイの本を読んだのは初めてです。
この本も50年以上も前のものですが、古くて新しい本です。

 

本質的なことは、いつの時代でもその価値に光があたる時が来るのですね。

 

 

「人の心の中には何があるか」

 

「人に知る力を与えられていないものは何か」

 

「人は何によって生きるか」

 

この3つの人生の課題について、誰にでもあるような日常の物語を通して、

温かい気持ちで、自分が忘れかけていたものについて思いを巡らすことができます。

 

 

みなさんは、上の3つの質問について、どんな答えを持っていますか?

どんな状況であると、3つの質問について、真剣に考えるでしょう?

 

「生きる」ってどういうことなのでしょう?

「生きた」ってどういうことなのでしょう?

 

---

無料コーチングモニターを募集中!

↓ ↓ ↓

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。
↓ ↓ ↓

▲無料お試しコーチングのご案内

Posted by 奥富 宏幸 at 16:55 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

実はわたくし、1級販売士の資格を持っております。

 

 

 

あまり世間的には知られていないかもしれませんが、
この資格は、流通・小売業分野ので唯一の公的資格です。

コンビニやスーパーでついつい商品に手を伸ばしてしまうには、
商品の見せ方や棚の配置、客の導線設計など、実はいろんな仕掛けがあるんですよ。

 

お店の照明、コンセプト、接客方法なども、お客の購買動機につながります。

サービスは目に見えないようで、目に見える部分も結構あるんです。

 

「モノを売りながら、コトを売る、ヒトを売る」

 

ためにコーチング+αとして、販売士の知識も役立てています。

 

 

今日はどこまで辿りつきましたか?

 

人は「変わりたい」と口にしながら、
「変わりたくない」とも口にする。
そして、また今日が終わる。

Posted by 奥富 宏幸 at 10:50 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

人が人を教えるってどういうことなのか?

 

教える側は、「何」を教えるのか?

教わる側は、「何」を教わるのか?

教えることと教わることはイコールなのか?

 

親が子どもに自転車の乗り方を教えるときに、 

乗る姿勢や視線の向きだけでなく、

 

歩行者のことを気にかける思いやりの心や、

自転車に乗って風を切る楽しさ、

 

いろんな所に行くことができる自由、

失敗しても何度も挑戦することの大切さ、

 

そんなことも教えるのではないか?

 

 

 

日本大学アメリカンフットボール部の部員による危険タックルの問題を見て、

前監督の言う通りにコーチも選手も動かなければならない空気に 包まれてしまった

「本当の原因」はどこにあったのだろうか?

 

前監督に権限やパワーが集中していたとしても、

誰かが「それは違う」と言えるタイミングはなかったのだろうか?

 

権力やパワーが特定の人に集中したときに、

最初は本人に自覚がなくても、

部下を含め周囲がその人気を遣い、忖度をすれば、

少しずつ自分には周りを動かせる力があるのだと思い込んでしまうのだろうか?

 

「公の立場での言動」と「私的な目的のための利用」との境目は何なのか?

 

そもそも監督の役割は何なのだろうか?

 

チームの勝利か?

選手の人間的成長か?

 

 

日大の前監督が「白い物も黒といえとば黒」になる独裁体制になってしまった背景には、

前監督の人格によるところが大きいのではないか?

 

「選手を自分の思い通りに動かしたい。」

 

という思いは、選手の学びや成長という大目的を置き去りにして、

前監督の私的な欲求解消の願望が極端なパワハラ行為という形で表に出てしまった。

 

前監督は、心の中に解消できていない「真の問題」が昔からあって、

その不満・怒りの矛先を選手への指導にぶつけていたのかもしれない。

 

それは、

「人に認めてもらいたい」「自分自身に自信がない」

という劣等感の現れなのではないだろうか。 あくまで推測だけど・・・

 

 

誰かに何かを教える前に、 教える側が「己を知る」努力をしなければ。

人として成熟することの意味を考え、行動しなければ。

 

 

 

「人はそれぞれの物語の中で生きている。」 と聞いたことがある。

 

前監督も選手たちもそれぞれの物語を生きている。

その物語は、どんな家庭で育ち、どんな教育を受け、

どんな場所で誰とどんなコミュニケーションを してきたかで変わってくる。

 

当然、一人ひとりの物語は違うけど、違う物語を共有し、

物語の中でみんなが生きているということは、理解しあえるはず。

 

そうすれば、社会ももう少しやさしく、あたたかいものになるんじゃないだろうか。

 

他人も自分も、思い通りにはならない。

でも、他人も自分も、思い通りに生きられる。

 

---

無料コーチングモニターを募集中!

↓ ↓ ↓

 

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、

なかなか行動できない。

 

そんな方には、自身自身と向き合い、

あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。

 

コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、

あなたの夢や目標に近づきます。

↓ ↓ ↓

 

▲無料お試しコーチングのご案内

Posted by 奥富 宏幸 at 16:51 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

  • プロフィール

最新コメント