埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)
  • HOME
  • >
  • 奥富宏幸のブログ

Pagetop

人は、一日に何回くらい会話をするのでしょうか?

 

 

家で、会社で、学校で。

 

家族と、同僚と、友達と。

 

そして、自分自身と。

 

 

会話で大切なことの一つに「反射神経」があるように思います。

 

 

 

もし自分が相手の立場ならどんな風に考え、

 

どんなことをされたら嬉しいかを想像し、

 

その嬉しいことをしてあげる。

 

 

その一連の「反射神経」が研ぎ澄まされている人は、
どんな場所でも、どんな人でも、素晴らしい会話をします。

 

その人と話をしていると楽しい、嬉しい、ワクワクする。
そんな風にさせてくれる人が、います。

 

 

あなたは、どんな「反射神経」を持っていますか?

Posted by 奥富 宏幸 at 17:24 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

何か今までとは違う心の境地になったことはありませんか?

 

 

 

気づいたら、今まで見たことがない景色に立っていた、そんな感覚です。

 

仕事や日々の生活の中でずっと悩んでいたことが、
霧が晴れるように視界が開ける瞬間です。

 

「あ~、こんな考え方もあるんだなぁ~。」

「こうすれば良かったんだぁ~!」

「○○のことを考えると、なんかワクワクしてくるなぁ~。」

 

 

そんな風に、迷いや不安よりも、意欲や前向きな気持ちの方が大きくなる状態です。

 

 

いつも同じようなことで悩んでいる。

同じような思考がぐるぐるするので、同じような行動をとり、

結果、同じような現実になる。

 

というサイクルが数ヶ月、数年と続いていたとしても、
その悩みというのは、あなたがずっと気にしてきたこと。

 

なんとかその悩みから脱したい、自分を変えたいと思いながらも、
本当は今のままのほうがいいと選んできたのかもしれません。

 

 

でも、長い間あなたが悩んできたことが、「ある時、あること」をきっかけに、

急に道が拓けるようになる時が来るでしょう。

 

今まで見たことがない景色を見ていた、そんな感覚になる時が。

 

 

気づいたら、急に高みに登っている感じにも見えますが

一日で、いきなり高みに登れるものではありません。

 

あなたの行動の一歩一歩が、心の中に前向きな勇気を醸成していくのです。

 

そして、あなたの中で「準備」が整ったときに、

「ある時、あること」が目の前に現れます。

 

 

私は、最近そんな風な経験をしました。

 

一つ高い視座で、その悩みを見ることが出来るようになったからだと思います。

 

自分が住んでいる場所を空から見ると全然違ったものに見えますよね。

そんなようなものです。

 

あなたが、高い視座を身につける方法があります。

↓ ↓ ↓

---

▲無料コーチングモニター募集のご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

Posted by 奥富 宏幸 at 11:28 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

「今決めたこと」が次の現実をつくる。

 

量子論(量子力学)の世界では、そんなスピリチュアル的な話が

科学の法則として説明されています。

 

細かいことはさておき・・・

 

例えば、目の前にリンゴがあるとします。

 

 

 

そうすると人は、「あっリンゴがある!」と思います。

 

でも、それは本や誰かから赤い色のあの形をした物体がリンゴだと教えられ、

それを見てあなたがリンゴだと確信したから、目の前にリンゴがあるとも言えます。

 

量子論的にいうと、「あっリンゴがある!」と意識すると、

目に見えない無数の素粒子が集まってきてリンゴという物質を形作り、
目の前に現れるといった仕組みです。

 

なんかうさんくさいなぁ~と思いましたか?(笑)。

 

 

難しいことはさておき・・・

 

「意識したもの、今ここで確信したことが、現実になる。」

 

ということですね。

 

「私は、モテないから彼女(彼氏)ができない。」と確信していれば、

相手を見つけない現実が待っています。

 

「あの上司とはうまくいかない。」と確信していれば、

その上司から嫌われる現実が待っています。

 

 

本当は、あなたが全く違うことを望んでいても、あなたが「こうしよう!」と決めたら、

それが何秒後の現実を作っています。

 

 

ということは、裏を返せば、これから起こる現実は、あなたの意識次第で

いつでも変えられるということですね。

 

もし、あなたが変えたいけどなかなか変えられない現実があるのであれば、

 

1. あなたが感じていること、意識していることをそのまま認めてあげる。

2. その変えたいけど変えられない意識を「それでもいいんだよ。」と肯定する。

3. でも、「やっぱり私はこうしたい!」と決め直す。

 

このサイクルを繰り返していけば、いつも最後はあなたがやりたいことを

確信して終わるので、望む現実が近づいてくるのだと思います。

 

私もコーチからそのことを何度も何度も伝えてもらい、

気づいたら意識と行動と現実がかなり変わっていました。

 

この作業をするのは一人ではなかなか難しいでしょう。

なぜなら今まで見てきた現実は、

あなたが長い時間かけてつくった意識が生み出したものだから。

 

あなたが「今ここで決める」ことをサポートしてほしいなら・・・

↓ ↓ ↓

---

▲無料お試しコーチングのご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 14:02 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「一休さん」のテーマ曲をご存じですか?

 

「すきすきすきすき すき すき

 あいしてる

 

 すきすきすきすき すき すき

 いっきゅうさん」

 

 

どれだけ好きなの?って突っ込みたくなります(笑)。

 

心理学では、「自分のことを好き」と何千回と言うことで、
自分のことを好きになる効果があると聞いたことがありますが、
試したことはありません。

 

ところで・・・

 

「あなたは自分のことが好きですか?」

 

と聞かれたら、どう答えますか?

好きな理由、嫌いな理由はありますか?

 

 

顔や体型などを気にする人もいれば、
几帳面な性格や内気な性格を気にする人もいるかもしれません。

 

一方で、

 

「私は自分のことが好きだよ!毎日楽しいし。」

 

と言う人もいるでしょう。その違いはどこから来るのでしょうか?

 

 

もし、あなたが、

 

好きな食べ物を食べて、好きな服を着て、
好きな人と暮らして、好きな仕事をして、
好きなようにお金を使え、好きなように生きることができる。

 

としたら・・・

 

心から幸せになれると思いますか?

たぶん、なれるでしょうね。

 

 

でも、そんな風に生きている人はなかなかいません。

 

あなたがいつも、
好きなことを見つけることと、好きなことをしていくことは、
なかなか難しいことかもしれません。

 

私は、

 

「リンゴが好き」

「綾瀬はるかが好き」

「サッカーが好き」

 

です。こういう「好き」は一方通行のもの。
そして、飽きればその気持ちは冷めるものです。

 

 

「好きなことを仕事にしたいっ!」

「好きな人と付き合いたいっ!」

 

といった「好き」は、ちょっと違う種類のものですね。

単なる情熱だけでは、長続きしないでしょう。

 

そんな時に、

 

「嫌いじゃない。」

 

という感情から物事や人を見るのも一つのアイデアだと思います。

 

「嫌いじゃない。」をネガティブに捉えるのではなく、
「好き」という感情がまだ十分に芽生えていないからといって、
断ったり、避けたりするのではなく、

 

「嫌いじゃないなら、まずは始めてみよう。」

 

と思うことで、案外長続きすることもあるような気がします。

「嫌いじゃないは、好きじゃない」ではないです。

 

あなたの「嫌いじゃない」「好きなもの」を見つける方法があります。

↓ ↓ ↓

---

▲無料お試しコーチングのご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

Posted by 奥富 宏幸 at 15:30 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日はワールドカップの決勝トーナメントで、日本がベルギーと対戦しましたが、

朝早いにも関わらず、応援した方も多かったのではないでしょうか?

 

2点先制しながらも、立て続けに3失点をしてしまい、

残念ながら史上初のベスト8進出は叶いませんでした。

 

選手の起用についてなど、いろんな意見があると思いますが、

選手の皆さんには、勇気と感動をありがとうと言いたいです。

 

 

西野監督の、「何が足りなかったのか、分からない」という言葉は、

とても印象的でした。

 

 

120%の力を出して善戦はしたが、勝ちきれなかった。

じゃ、今後何をしたら今日のような試合でも勝ちきれるのか。

 

戦術、体力、走力、
逆境での冷静さや立ち直り力、ハングリー精神、
サッカー協会の刷新、若手選手や指導者の育成システム、
メディアやファンの成熟と成長、

 

数ヶ月で変えられることもあれば、数年数十年かかることもあります。

 

 

ポーランド戦の戦い方には賛否両論ありましたが、

西野監督は準備期間もあまりない中で、1次リーグを突破しました。

 

選手の個性を引き出しながら、チームの戦術を理解させ、

そして勝利という結果につなげる。

そのために、いろんなタイプの監督がいます。

 

トルシエ監督は、「フラット3」などのチーム戦術、規律と統制を重んじました。

ジーコ監督は、中田選手や中村選手らの個性を生かし、自由と自主性を重んじました。
 

 

西野監督は、メディアでの発言などを見ると、選手との距離感を上手に取り、

自信をつけさせるのが上手な人なのかなと思いました。

 

試合後の記者会見で、次の試合で期待したい選手を同席させて発言させているのは、
とてもいいアイデアです。

 

その選手が大勢の人の前で、自分の言葉で語ることで、
自分との約束を果たす勇気をもらう効果があります。

 

また、その記者会見を見た他の選手も、監督の意図を感じ取ることができ、
チームの「内」から一体感が醸成されていくのだと思います。

 

 

「ポーランド戦での采配は自分としては不本意だった。でも、選手に遂行させた。
究極の選択だった。」

 

という西野監督の偽りのない言葉が、チームの結束を高めたかもしれません。

 

 

【監督】
   |
【選手】

 

のタテの関係性ではなく、

 

【監督】-【選手】

 

のヨコの関係性を持ち、

 

監督のカリスマ性やリーダーシップで選手を「コントロール」するのではなく、
監督も選手もそれぞれの「役割」を自覚し、お互い自立し、信頼関係をベースに、
自分のやるべきことを全うする。

 

監督は、コーチ、スカウンティング、分析チーム、コンディショニング、
用具係、料理スタッフなどそれぞれの専門性を組み合わせて、
選手のパフォーマンスを最大限発揮させる。

 

監督は、その「役割」と組織の「目標」をデザインするが、

細かい考えや行動は選手の自主性にある程度委ねる。

 

 

監督は、

 

建前ではなく、本音で話す。
命令はせず、提案をする。
説教はせず、共感する。

 

何でも一人でしようとはせず、周りのサポートを仰ぐ。
問題の原因探しではなく、これからどうするかを語る。
足りないものではなく、今あるものに目を向ける。

 

 

西野監督は、次世代の監督のような気がしました。

4年後はどんな監督がどんなチームをつくるのか、今から楽しみです。

Posted by 奥富 宏幸 at 14:57 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日ワールドカップの試合で日本代表はポーランドに負けはしましたが、
かろうじて一次リーグを突破することができました。

 

どの国も母国の威信や自分自身の誇りをかけて戦う姿には胸が熱くなります。

 

今回の日本代表チームを見ると、海外のチームでプレーしている選手が

たくさん選ばれています。

 

Jリーグとヨーロッパのリーグでは「何」が大きく違うのでしょうか?

 

監督はなぜ国内のリーグではなく、

海外のリーグでプレーしている選手を選ぶことを好むのでしょうか?

 

 

Jリーグでは素晴らしい活躍を見せるのに、代表チームに呼ばれて海外で試合をすると、

期待されたほどのパフォーマンスを発揮できない選手もいます。

 

Jリーグでは通用したのに、海外では通用しない、そんなことがあるのかもしれません。

 

 

サッカーに限らず、ビジネスでも人生でも自分がつながる「世界の広さ」は

大切だと思います。

 

男性は特に、人生の大半を「会社」で過ごすことになります。

 

 

例えば、「トヨタ自動車で働いている」と聞くと、どんなことを想像しますか?

 

「業界ナンバーワンで、世界のTOYOTAで働いているなんてすごいなぁー。」
「年収は○○万円くらいもらっていて、仕事もすごいことやっているんだろうなぁー。」

 

そんなことを思いますか?

 

 

一方、「地元の中小企業で働いている」「自営で事業を行っている」と聞くと、

どんなことを想像しますか?

 

「聞いたことがない名前の会社だなぁー。何をやっているかよく分からないな。」
「自営業って何か大変そう。家族でビジネスをやるって難しそう。休みもとれなさそうだし。」

 

そんなことを思うでしょうか?

 

 

私は世界中に支社を持つマンモス会社でも、従業員20人程度のオーナー企業でも

働きましたし、サラリーマンも会社経営も経験していますので、

つくづく分かったことがあります。

 

それは、

 

「会社組織の中で見えている世界はとても狭く偏ったもの」

 

だということです。

 

会議や飲み会の席で話す内容も、時間が経つと同じようなことを繰り返していることが

ありました。

 

皆さんもそんな経験をしたことはありませんか?

 

同じ会社に長い間いると、ある意味、「感覚」が麻痺してしまうのかもしれません。

 

 

 

そんな「会社」であなたが生み出す「価値」は、

あなたの人生にどのくらい大きな影響を生み出すでしょうか?

 

「会社」から外れて、「社会」に放り出された時に、あなたが「何」をできるのか?

 

 

定年退職してから考えようなんていうのは、
これからの時代では、ちょっと甘い考えかもしれません。

 

 

「会社」はいろんな地域から人が集まるものですから、

やはり「地域」に自分のもう一つ、二つの「居場所」を持っておくと良いと思います。

 

パパ友、

ボランティアや趣味の仲間、
行きつけの飲み屋での知人など、

 

会社とは全く関係のない関係性を誰かと持っておくことで、
会社勤めしている間でも、会社を辞めた後でも、

 

自分と価値観や生き方が大きく違う人たちとコミュニケーションをとることが、
自分の視野をずらしたり、広げたりするきっかけになるのだと思います。

 

【今日の質問】

「社会」であなたが生み出す価値は何でしょう?

Posted by 奥富 宏幸 at 17:30 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカーのワールドカップがロシアで開幕してから、寝不足の日々が続いています。

でも、連日素晴らしい試合を観ることができて、とても幸せです。

 

日本代表も全員がハードワークをして、一人ひとりが自分の役割を全うし、

チームに貢献したことで、強敵コロンビアに勝ったのはとても感動的でした。

 

ブラジル留学時代の私

 

原口元気選手がコロンビアとの試合前に、

 

「ここからはある程度ピリッとして、余計なものを省いて集中していく。
自分たちがやってきたもの、積み上げてきたものを信じていますし、
それを出せるようないつもどおりの準備をしていきたい。」

 

と話していました。

 

 

スペインとポルトガルの試合は、結果は引き分けでしたが、
パスサッカーで各選手が流れるように連携するスペインの「組織力」と、
ロナウド選手の絶対的な「個の力」が対照的でした。

 

 

「個」の力と「組織」の力を最大化することはサッカーだけでなく、

会社や社会においても、私の人生の大きな関心事でもあります。

 

 

100人いれば、単純に1人の100倍のパフォーマンスが出るとは限りません。
相乗効果で1000倍になるかもしれないし、お互いの信頼関係が崩れたり、
無駄な仕事があったりすれば、50倍程度の結果しか出せないかもしれません。

 

個人のやる気を高めつつ、組織全体のルールや環境を向上させていくことが大切。

 

 

日本代表の試合に話を戻して、一昨日のセネガル戦も、

驚異の粘りで引き分けに持ち込みました。

 

一昔前の日本チームであれば、先制されると一気にたたみかけられて

失点していたこともたくさんありました。

 

でも昨日の代表チームのメンバーの顔はどこか晴れやかな、

確固たる「自信」を秘めたものでした。

 

 

それは、今までに失敗や挫折を繰り返しながらも、そこから何かを学び、
前に進むためのエネルギーとして貯めてきた結果が、

自信の深みに変わっていったのだと思います。

 

 

メディアや世間からバッシングを受けたり、

試合に出られないことが続いても、
今できることに集中し、

自分を高めることを継続してきたからこそなのでしょう。

 

 

人は、変わりたいと思いながらも、

変わりたくないという思いも潜在的に持っています。

 

私も、「変えたい、でも変わるのが面倒だ、恐い」ということがあります。

 

今のままのほうが楽だから。

 

新しいことにチャレンジするのは、
結果が見えないので不安だから。

 

そして、結局時間だけが過ぎていきます。

 

 

新しいお店に行くといった小さなチャレンジから得た経験は、小さな自信が芽生えます。
人生の価値観がひっくり返るような大きなチャレンジから得た経験は、

大きな自信が芽生えます。

 

小さなチャレンジを100回やるか、大きなチャレンジを1回やるか、それはあなた次第。

 

自信がないから行動できないのではなく、

行動することで自信がつくんですね。

 

 

自信を高めるためには、こんな方法がありますよ。

 

・ありのままの自分を見る。

・目の前のことに集中する。
・他人と比較しない。
・大きな目標と小さな目標を持つ。
・できること、できたことに目を向ける。
・60点でOKとする。完璧ではなく、最善を目指す。
・自分の良いところ、周りから褒められることを挙げる。
・「なぜできないか」ではなく、「どうしたらできるか」を考える。
・自分が心地よいと感じる場所やアイテムを持っておく。

 

具体的に自信を高めていきたい人に、私がサポートできることがあります。

↓ ↓ ↓

---

▲無料お試しコーチングのご案内

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

Posted by 奥富 宏幸 at 17:07 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

狭山市議会議員でもあり、NPO法人まちのつながり推進室代表でもある矢馳さんが、7月1日(日)にアフリカンフェアを開催します。

 

 

 

今年で4回目になるそうですが、今回は開催場所を稲荷山公園に移し、開催時間も延長するなどさらにパワーアップしています。私の会社も協賛という形で微力ながらサポートさせて頂きました。

  

野外ステージでは、アフリカンミュージックやダンスを楽しめますし、アフリカの民族衣装の試着体験ブース、流し麺のブースなどもあるようです。狭山茶の紹介や阿波踊りもあります。その他に、アフリカ料理や民芸品のお店が多数出展します。

 

 

私自身もそうですが、アフリカに行ってみたいけど行ったことがないという方には、非常に貴重な体験になるでしょうね。

 

7月1日は稲荷山公園で自然を満喫しながら、アフリカの「風」を感じてみてはいかがですか?

 

********************************************************

アフリカンフェア2018 in SAYAMA 詳細
********************************************************

■日時:   7月1日(日)
■開催時間: 11:00〜19:00  ※荒天時は秋に再企画
■場所:   埼玉県営狭山稲荷山公園

■連絡先:  080-2148-5558(やばせ)

Posted by 奥富 宏幸 at 10:07 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは、「センス」と聞いて、何を連想しますか?

 

 

「彼女はいい服のセンスをしているなぁー。」

「ここのお店の味付けはセンスがいいね。」

「彼の文章にはセンスを感じる。」

「あなたってユーモアのセンスがないね。」

 

こんな使い方をします。

 

男性誌「LEON」のキャッチコピーは、

 

「必要なのはお金じゃなくてセンスです」ですね。

 

 

英語で”Sense”は五感のことを言いますし、

“Six Sense”と言えば第六感のことですから、

感覚や直感に関係がありそうです。

 

 

広辞苑を引けば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【センス】物事の微妙な感じをさとる働き・能力。感覚。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とあります。

 

 

 

なるほど、「物事の微妙な感じをさとる」とは
これまた分かるようで分からないような微妙なニュアンスです。

 

 

ちょっと違う視点で、

どんな人がセンスのいい人だと思いますか?

 

私は、

 

「独特の感性や美意識、審美眼を持ち、モノを選ぶ基準が他の人よりユニークな人。

 

 そして、自分らしい生き方を追求し、実践している人。」

 

だと思います。そして、こんな人になりたいなって思います。

 

 

センスが良い、センスがある。

センスが悪い、センスがない。

 

というのは、人によって見方・感じ方が違いますが、センスが良い人というのは、
一般大多数の人が気づきそうで気づかないような物事や心情の機微に触れ、

その微妙な変化を自分なりの方法で表現しているのだと思います。

 

 

人生を楽しむセンス、幸せや喜びを感じるセンスを高めていきましょう。

センスを高めることは、あなたの感動センサーを高めることにつながります。

 

あなたのセンスを高めるために私がお手伝いできることがあります。
↓ ↓ ↓

---

▲無料お試しコーチングのご案内

 

仕事、人間関係、人生設計について気になること、変えたいけどがあるけど、なかなか行動できない。
そんな方には、自身自身と向き合い、あなたの可能性を広げるコーチングがとてもオススメです。
コーチングを受けると、自分の考え方と行動が自然と着実に変化していき、あなたの夢や目標に近づきます。

 

 

Posted by 奥富 宏幸 at 11:00 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

『着眼着想ナイトツアー』を開催中です。

 

毎日が同じ事の繰り返しで、幸せを感じるセンスが弱まっていませんか?

 

仕事や人生を楽しむために、

 

普段とは違う場所で、
普段とは違う人と、
普段とは違う話をする。

 

そうすると、いつもとは違う視点で物事を見たり、新しい目標を見つけたりして、
自分の可能性に気づくことがあります。

 

 

心身ともにリラックスし、
知的好奇心をくすぐるようなお話をしましょう。

 

 

 

 

赤提灯のような賑やかなお店が好きですか?
タイやベトナムなどのアジアンのお店が好きですか?
カウンターのあるしっぽりできる和食が好きですか?

 

 

美味しい食事と楽しい会話をし、
こだわりのBARで酒を飲み、

 

あなたらしい仕事、
あなたらしい経営、
あなたらしい人生、

 

あなたの夢について、

 

語らいませんか?

 

「あなたの人生を前に押します。」

 

~着眼着想ナイトの詳細~

 

場所:奥富がチョイスしたお店または相談者希望のお店(新宿・池袋・所沢あたり)
時間:金曜日か土曜日の19時-22時ごろ
予算:1~2万円程度(2名分)

 

・相談は無料ですが、食事代をお支払いください(食事代が相談料です)。

・申し込みご本人様と奥富の2名で開催します。月2回程度を予定しています。
・ご希望の方は、【こちらから】、または dusseldorf777@yahoo.co.jpへ希望日時をお知らせください。

Posted by 奥富 宏幸 at 16:10 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

  • プロフィール

最新コメント