埼玉県所沢市・狭山市・自分らしい働き方と生き方をデザインするコーチング[オネスタ]

あなたの人生を”前に”押す オネスタコンサルティング

  • お問い合わせ 090-5539-5505
  • 営業時間 8:00〜17:00(土日・祝日除く)
  • HOME
  • >
  • 奥富宏幸のブログ

Pagetop

今回は私の価値観を変えた出来事の3回目である、「家業への転身」について少しお話ししますね。

 

ドイツでのプロジェクトを無事に終え、帰国してから数カ月間休暇を頂き、フィリピンでのボランティア活動に参加したり、自分の今後の生き方について考えていました。

 

 

 

「本当に何がしたいのか?」

 

この問いを何度も何度も自分に投げました。

それでも、納得できる答えは見つかりませんでした。

 

そんなある日、父から「お前は好きな事をして生きていくのか、俺の会社に入るのか、どうするんだ?」と聞かれました。その時は、あまり考えずに家業を兄と継いでいくということを答えたと思います。

 

もうだいぶ前からそうすることを決めていたのかもしれません。誰かの後押しを待っていたのかもしれません。

 

 

そして、家業に入りました。

 

当初は、今までのサラリーマン時代に得た経験や考え方を活かそうとしましたが、父や兄に理解してもらうことはできませんでした。

 

大企業と地元の中小企業とでは、仕事の進め方、顧客の特徴なども全然違うわけですから当然と言えば当然なんですが、入社した頃の私はとにかく「自分が得た知識や経験を活かしたい!」という想いが強かったのだと思います。

 

それが家業のためと信じていましたが、父や兄の立場を考えてのものなのか、会社のために本当に役に立つものだったのかは、微妙なところもあったのかなと、今になって思います。

 

家業というと多くの人が大変そう、というイメージを持っています。

私も父の姿を見ていてそう思っていました。いつも仕事の苦労話を聞いていました。

 

また、親が敷いたレールに乗った人生なんて嫌だ。もっと自分の力で道を切り拓いていきたいと思っていました。

 

でも、サラリーマンも経験して、家業に戻り気づいたことがあります。

 

それは、家業を経験したことがない人に家業の大変さも面白さも分からない、ということです。家業の後継者には、嫌いではないですが、継いだけれども、ものすごく好きではないという人が多いと思います。

 

ゼロから始めた創業者の親と違い、事業や社員、顧客基盤がある中で、後継者の人は「何」ができるのだろうと葛藤することもあるでしょう。私自身も入社して最初の3~4年はとても苦しい時間を過ごしました。

 

ただ、人生に満足感や充実感を得るには、「あなたが会社を通して何を大切にしながら、何を目指したいのか?」ということを見つけていくことだと思います。現在、お客さまに提供している商品・サービスはそのための手段でしかないとも言えます。

 

「あなたは仕事に何を求めていますか?」

 

「あなたの人生最大の冒険は何ですか?」

 

ビジネスと家族との境界線があいまいなところがファミリービジネスの強みにも弱みにもなるところですが、父親や家族との意見の相違は日常茶飯事です。

 

お互い言い分があるのですが、なかなかサラリーマン時代のように、相手を受け入れながらコミュニケーションするのが難しいこともあります。家族なので、時には情に流されて気を遣ったり、時には感情的になったりします。

 

 

 

それでも数年の月日が経ち、お互いの個性を認め合い、得意分野を活かしていけば、

今までにない力が出ることも経験してきました。理性ではなく、感情で仕事をしている父を見てきました。

 

組織には、似たようなバックグラウンド、能力、志向を持った人が集まる方が”まとまり”はいいかもしれません。

 

企業の規模が大きくなればなるほど、管理や効率化の面を考えれば一理あります。

自分も以前サラリーマンをしていた時は、同僚や上司と話が合うことにある種の安心感を覚えていました。

 

ただ、その安心感というのは、もしかしたら自分の想像の世界を広げる可能性を狭めていたのかもしれません。

 

自分と価値観や生き方が大きく違う人たちとコミュニケーションをとることが、自分の視野をずらしたり、広げたりするきっかけになるのだと思います。

 

「あなたが影響を受けた人は誰ですか?」

 

「その人は自分と意見の合う人ですか?意見が違う人ですか?」

 

 

企業に雇われる側から、社員を雇う側になって学んだこともあります。

 

以前は大企業で組織も部門化・専門化され、給料がもらえるのは当たり前、自分の業績に対する評価に意識が集中し、評価が過小であれば、上司や会社に対して不平不満を持っていたこともありました。

 

でも、今は、社員の雇用を守ること、社員の家族の生活を守ること、利益やサービスを社会に還元すること、企業を持続的に成長させること真剣に考えるようになりました。

 

経営側と社員とでは、立場と役割が違うので、経営や給料に対する考え方も一致することはありませんが、会社の業績と価値を伸ばし、社員に働きがいを持ってもらい、一人ひとりが少しでも前向きに、豊かな人生を送ることが出来ることにつながるために、自分に何ができるかを考えるようになりました。。

 

「個人と組織のパフォーマンスのバランスと最大化」が重要なテーマとなりました。

 

自分が会社を経営する立場になってはじめてこんな風に価値観が変わるのですね。

 

 

この超スピード社会において、刺激と安定を保ちながら、その組織が成長・発展していくには、多様な価値観と社員間の強固な信頼関係が、必要なのだと思います。

 

「水」と「油」、時には、「火」と「油」、時には、「火」と「水」、

 

そんな関係を持った人間から構成された組織の方が、強く、しなやかなで面白いものになると感じるようになりました。

 

小さな組織の方が、一人ひとりの個性を発揮しやすいのかなとも思います。

 

お互いが自分の本当の思いを大事にしつつ、違いを認め合って共存してくための道を探求していきたいと思います。

 

 

そして、家業をやりながら自分のライフワークを両立するために、コーチングが私の価値観をさらに大きく変えてくれました。

 

コーチングの話はまた改めてシェアしていきますね。

Posted by 奥富 宏幸 at 13:20 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

610人 でした。

 

こしパがオープンして4ヶ月あまりですが、少しずつお客さまも増えています。
お子様が楽しめる雰囲気にしていきたいですsaboten.gif

12月8日(金)からポイント3倍のキャンペーンを開催しますので、
大掃除などで不要になった古紙をどしどしお持ち込み下さいpresent02.gif

 

 

ユニセフへの累計寄付金額は

157,620円 になりますぴかぴか(新しい)

 

皆様のご協力に感謝します黒ハート

 

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになりますheart05.gif

 

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 08:36 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

590人 でした。

 

10月は台風や雨の日が多かったので、少しお持ち込みされるお客さまが
少なかったように思いますが、年末に向けて増えてくれるといいなと思います。

 

こしパがオープンして3ヶ月あまりですが、少しずつお客さまも増えています。
お子さんがもっとたくさん来れるように楽しい雰囲気にしていきたいですsaboten.gif
年末に向けたキャンペーンも準備中ですので、お楽しみにpresent02.gif

 

ユニセフへの累計寄付金額は

157,620円 になりますぴかぴか(新しい)

 

皆様のご協力に感謝します黒ハート

 

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになりますheart05.gif

 

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 09:04 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC)による
6回目の「プライバシーマーク」の更新審査を受けました。

 

審査員から指摘事項が出ましたが、無事終了したのでホッとしています。

プライバシーマークを取得してから10年経ったと思うと、感慨深いものがあります。

 

この10年間で、世界中の情報化社会の波が凄まじいスピードで押し寄せてきました。

 

「情報の自由化」が進んだおかげで、私たちの生活は便利になった反面、
「情報の所有権」に関わる犯罪も増えてきました。

 

日本でも、個人情報法保護法、特定秘密保護法、マイナンバー制度など、
個人情報の管理に関する法律や制度が整備されてきましたね。

 

人は、何かに管理されたい欲求が多かれ少なかれあると思いますが、

管理の度合いが強すぎると、誤魔化したり、

自分で何かをしたいという欲求が出てきます。

 

そして、「自由」には「責任」が伴います。

 

 

プライバシーマークを保持することの価値は「何」なのだろうということを

社内でもよく議論しています。

 

個人情報の管理の仕組みづくりや、
社員の意識向上、サービスの品質向上などがあると思いますが、
もっと本質的なところでのお話です。

 

ISO14001やプライバシーマークの集合教育も行いましたが、
日常業務で毎日忙しくしている社員にとっては、ちょっと立ち止まって、

学ぶ機会があったのは非常に良かったと思います。

 

「学ぶ組織、成長する組織の土台をつくる」

 

ことが一つのキーワードですね。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 13:00 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

613人 でした。
 

こしパがオープンして2ヶ月あまりですが、少しずつお客さまも増えています。
お子さんがもっとたくさん来れるように楽しい雰囲気にしていきたいですsaboten.gif
年末に向けたキャンペーンも準備中ですので、お楽しみにpresent02.gif

 

ユニセフへの累計寄付金額は

151,720円 になりますぴかぴか(新しい)

 

皆様のご協力に感謝します黒ハート

 

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになりますheart05.gif

 

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 15:00 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

スマートフォン、タブレット端末用に 智光山古紙リサイクルパーク「こしパ」 の
ホームページを作成しました。

 

インターネットを見る際にパソコン以外の機器で閲覧している人が増えている中で、
ホームページのレスポンシブコーディングの作業が終了しました。

 

アニメーションの動きなどもあり、非常に見やすく、楽しいサイトになっています。

 

今後もお客さまに役立つ情報を発信し、より使いやすいホームページづくりを
目指してまいります。

Posted by 奥富 宏幸 at 17:28 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の毎日新聞で、智光山古紙リサイクルパーク「こしパ」の紹介記事が掲載されました。

 

 

 

「資源リサイクルを生活の一部として身近なものにするために、
遊園地のような子供たちにワクワクを与えられる場所を提供したい。」

 

そんな想いから「こしパ」は生まれました。

 

 

昨日は、アメリカ同時多発テロから16年、
東日本大震災から6年半が経過した日でした。

 

時間の長さは違いますが、世界の経済、社会、

そして環境に与えた影響の大きさはどちらも図り知れません。

 

私たちは、二つの出来事を通して、自然や資源は有限であるということを、
大きな代償を払いながら再認識したのではないでしょうか?

 

「今」あるものは、活かす工夫と残す努力を怠れば、失ってしまうということを。

Posted by 奥富 宏幸 at 14:54 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、お客さまがLOOBのエコ雑貨を購入して下さいました。

バス用品を入れるポーチ2つと、新聞紙で出来た鉛筆も買って頂き、ありがとうございました!

 

お客さま曰く、「子供に喜ばれそうなデザインで素敵ですね!」とのこと。

 

便利な世の中になり100円ショップに行けば、日用品は安く簡単に手に入りますが、商品への愛着やモノを大切に使う心は、薄れていっているようにも思います。

 

エコ雑貨は全て手作りで、大きさやや色合いが不ぞろいなところもありますが、作り手の「顔」が想像できるのは、何かやさしい気持ちになれます。

 
現地では、こんな風に商品を作っています。ミシンで一つ一つ丁寧に作っています。

 

 

私も2010年にフィリピンのイロイロ島にあるスモーキーマウンテンに行ってきましたが、いろいろ考えさせられました。

 

 

リサイクルエコ雑貨を買って使うことで、フィリピンの人たちのことを少しでも思ったり、自分の生活について考えたりしてくれたら嬉しいな。

 

 新聞紙で出来た鉛筆

 

 

今日は、どこまで辿りつきましたか?
商品を手に入れる前と、手に入れた後で気持ちがどう変わるのか、時々点検したい。

Posted by 奥富 宏幸 at 15:56 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

先月、当社へ個人で持ち込みして下さった件数は、把握できた数字として、

700人 でした。
 

7月末に智光山古紙リサイクルパーク「こしパ」がオープンしました。
少しでも多くの方にご利用いただけたら嬉しいです。

 

ユニセフへの累計寄付金額は

145,590円 になりますぴかぴか(新しい)

 

皆様のご協力に感謝します黒ハート

 

古紙や古着を持ち込むたびに10円がユニセフへ寄付され、世界の子どもたちのために役立てられることになりますheart05.gif

 

寄付金は、毎年12月末までの数字をまとめたものを翌年1月に送る予定です。

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

Posted by 奥富 宏幸 at 12:56 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

 

 

今日は、当社の機密文書処理で使用する大型シュレッダーの保守点検を行いました。

 

担当者からは、

 

「使用時間の割には部品の摩耗が非常に少ないですね。
 無理な使い方をせずに、大事に機械を扱っているのですね。
 他の会社であればとっくに部品交換する時期ですよ。」

 

と言われて、少し嬉しかったです。

 

道具、機械、家電製品、車、服、どんなモノでも扱い方に注意して、
適切にケアをすれば長持ちします。

 

以前、ドイツに駐在していた時、私が住んでたアパートは

築100年近くだったと思いますが、リノベーションを施し、

とても住みやすい場所でした。

 

自転車は、頑丈で少し高価なので、みんな自分でメンテナンスして

何年も使っていました。

 

数千円で買えるからと放置しておくようなことはしません。

お店でのレジ袋や過剰包装もありませんでした。

 

リサイクルできるものはどんどんする仕組みが社会に浸透していました。
モノを大事に使うことが、国民の文化として、大切な価値観として、

しっかりと根付いていました。

乱暴に、無理に、過度にではなく、
優しく、ほどほどに、適切にケアをする。

 

ヒトもそうでしょうね・・・

Posted by 奥富 宏幸 at 15:45 |  | この記事のURL | コメント (0) | トラックバック (0)

  • プロフィール

最新コメント